FXのワナ

FXの初心者が陥りやすい罠について解説。

ミセスワタナベ

ミセスワタナベ

昼休みの時間を利用するFX投資家が、一斉に売り買いを開始したことにより、円やドルの相場が上下する。
この現象は、FXが一般的になりつつあった2007年から注目され始め、プロのトレーダーたちがこの原因を突き詰めていくと、それは日本の一般的な主婦やサラリーマンたちの売買だった。
ワタナベとは外国ではよく知られている日本の姓で、ミセスワタナベは海外のトレーダーから注目されるに至った。
ミセスワタナベとは、いわゆる個人投資家を指し、専門的な知識や高度なノウハウを持ってもおらず、さらには巨額の資金も有していない。つまりは、プロのトレーダーからしてみれば、格下扱いのアマチュアトレーダーの事を指す。
そんな格下にしてやられたのだから、プロのトレーダーたちはミセスワタナベを徹底解剖した。
そして、ノウハウや知識がないゆえの弱点をつかんだ。
ミセスワタナベの儲け手口は実に単純で、逆張りという手法がその主なものだ。
しかも、24時間絶え間なく動く為替相場の中にいながら、売った円を放置しておくというリスクをおかしている。
海外のトレーダーは、ミセスワタナベという損失利益どちらにも転ぶカモを手に入れた。
それでも、儲けているミセスワタナベは確実にいるだろう。