FXのワナ

FXの初心者が陥りやすい罠について解説。

ナンピン

ナンピン

ナンピンとは保有している金融商品が値下がりした時、追加投資して同じ商品を買い足すこと。 FXではデメリットが多いとされているこのナンピン、うまく使うのはどういうときでしょう?

株でもFXでも、損益を減らして利益を多くすることが最大の目的となります。 しかし、どんなやり方でも損益が出るのは避けられないでしょう。

ナンピンをする状況とは、自分が考えている状況と逆に相場が動いた場合。 ここで相場が上昇すれば、ナンピン買いという選択が勝ったことになります。 しかし、相場が下落を続けると損益が増え、結果として損益が膨らむ、つまり惨敗となります。

ナンピン買いで損益を出した経験のある投資家が多いということは、この手法がいかにハイリスクなものであるかがわかるでしょう。 特に、ナンピンの問題点は、ナンピンを行った時点で相場がどちらに転ぶかわからないという点。 これは半ば、賭けのようなものです。 しかし、長くFXを行い、それなりに相場の分析ができ、さらに資金が潤沢にある人には、ナンピンがおすすめです。 FX取引で売り時に躊躇する、迷う、いつ売っていいのかわからないという人は、ナンピンよりも損切りのほうが、結果的に損失が少なくなるでしょう。