FXのワナ

FXの初心者が陥りやすい罠について解説。

高レバレッジ

高レバレッジ

誰だって、元手は少なく儲けが多い方が良い。その点については私も異論はなく否定するつもりはありません。 FXで言うと、できるだけ高いレバレッジを選ぶ事で元手を少なくする事ができますが、その分リスクも隠れています。今回はその事について説明をしたいと思います。 まず、FX取引は、証拠金を担保にその金額以上の為替を取引をする取引です。その証拠金に対する何倍の金額を取引をするかが「レバレッジ」です。もちろん、レバレッジが高ければ少ない元手で多くの為替が取引ができます。 また、売った値段と買った値段の差額が利益になりますので、同じ証拠金でもレバレッジが高いほど、為替が上がった時の収益は高くなります。

その時、忘れちゃいけないのが、下がる場合もあるという事。ある程度余裕をもって証拠金を用意していればいいのですが、下落が見込みより多かった場合、預けている証拠金が取引に必要な証拠金より少なくなる場合があります。 もちろんそうならないように大抵の事業者は事前に自動的に外貨を売却する仕組みになっていますが、下落幅によってはそれに間に合わない事も。 この場合も差額が損失ですから、レバレッジが高いほど、そのリスクは高まるという訳です。

為替は世界の経済状況によって常に動いてます。せめて身の丈にあった取引をしたいですね。